日本勢として初の4大大会テニスの全米オープンで優勝した

大坂なおみすごいよね!

私なんかボレーミスは多いし、狙ったコースを外すことが多いんだよね!

ちっとも上達しないからどうしょうか迷っている?

口コミが評判になっている
堀内 昌一の「時とリスクを制御して勝つテニス〜結果が出せる考え方とその実践ドリル〜」。

今までのやり方、考え方をちょっと変えるだけで

効果が発揮するのは勉強だけではないって。

テニスというスポーツの戦い方に時間と

リスクの制御が不可欠であることがに理解できるって。

この方法は、すぐに練習に組み込めるよう工夫が施しています。

実は多くのコーチとプレイヤーは根本的な部分から

錯覚をしてしまっているために、いくら打ち方の練習をしても結果は

「勝てないテニス」という結果になってしまいます。


その錯覚を取り払う為、「ちょっとやり方を変える」錯覚を理解し、

時とリスクを制するテニスで戦う方法だって。ってどうなのかね?

いや、正直ちょっと怪しくない?
ほんとだったらすごいとは思うけど。

実践者の気になる感想

最初のテニスコートのを実際に描いてみてびっくりしました。

今までコートのイメージが変わり、勝てなかったこともわかって来たって。

こレからはテニスコートを良く知って、コートを味方につけて

勝てるテニスをするって。

悪くないのかも。
試してみる価値はありそう。

ちょっとやり方を変えるだけで、

テニスに適した動きが自然に身に付き

敵のチャンスを逆利用出来るようになるみたい。